北陸ジオテック

新潟の蛍光灯リサイクル|建設汚泥リサイクル【北陸ジオテック】

問い合わせサイトマップ


最新情報会社概要建設汚泥・建設発生土リサイクル蛍光灯リサイクル柔構造物事業土木関連事業
蛍光灯リサイクルセンター汚泥リサイクルセンター
蛍光灯リサイクル
蛍光灯リサイクル
ご利用の手引き
料金表
リサイクルセンター
お問合せ
蛍光灯リサイクル
最新情報

従来、多くの蛍光灯は、廃棄物としてそのまま埋め立て処分されていました。現在でも蛍光灯の8割以上は分別されずに埋め立て処理や焼却処理されているのが現状です。蛍光灯には、わずかながら水銀が含まれており、現在では環境汚染防止および適性廃棄という観点から、蛍光灯の無害化処理が強く望まれています。蛍光灯リサイクル施設により、水銀を回収し無害化処理、ソーダガラス、アルミ等の有用物は分離回収し建設資材、金属として再生することが可能です。当社新潟蛍光灯リサイクルセンターでは、この蛍光灯リサイクル事業を通して安心・安全な環境づくりに貢献していきます。

 
施工動画 >>蛍光灯のゆくえ(Youtubeにリンクします)

施設内風景

蛍光灯リサイクルシステムの特徴
あらゆる形状の蛍光灯
直管蛍光灯だけでなく、従来困難だった丸管や水銀灯、コンパクト管などあらゆる形状の蛍光灯リサイクルが可能になりました。
水銀を安全回収
蛍光灯に封入されている水銀は有害物質であり飽和蒸気圧が高いため、破砕などによって飛散すると大気中に汚染が広がる可能性があります。当社ではこれを安全に回収する水銀回収装置「マーチ21」を導入しています。
資源再利用に重点
使用済み蛍光灯から、水銀・ガラス・金属等を分別し、それぞれを資源リサイクルしています。
クリーンシステム
水銀の飛散を防止するため、環境集塵機により蛍光パウダーを完全回収。また破砕済みの蛍光灯を機械に投入する際、作業員が蛍光パウダーや粉塵にさらされないよう、独自のタッチレス導入システムを導入しています。

新潟県初の施設
施設内マップ
1
破砕時に発生する粉塵・蛍光パウダー等を集塵する装置です。
2
「両端カット破砕機」は直管形蛍光灯のガラス・口金部分をカッターで分離した後に破砕する工程を自動化した装置です。「手作業カット破砕機」は環状管形・水銀灯・コンパクト形など不定形状の蛍光灯を破砕します。
31
あらゆる種類の使用済み蛍光灯を破砕する装置です。
4
各地から使用済み蛍光灯が運び込まれ、処理しやすいように種類別に分類されたあと、ストックされます。
5
破砕済み蛍光灯から、ガラス・口金部分と蛍光パウダーを分離する装置です。ガラス・口金部分は「マーチ21」の工程へ。
6
ミキサーでの分離作業時に発生する粉塵・蛍光パウダー等を集塵する装置です。
7
「ミキサー式パウダー分離装置」で処理した後のガラス・口金部分から水銀を安全に回収する装置です。
8
無害化処理されたガラス・口金部分を磁力選別機・トロンメルによって金属回収・精度選別を行います。

使用済み蛍光灯再資源化フロー

フロー図

 

 



北陸ジオテック
〒950-1102 新潟県新潟市西区善久823番地 TEL.025-379-3630

copyright

北陸ジオテックトップページ